年賀状の印刷で安いおすすめ依頼先はどこ?

 

 

 

年賀状の印刷ショップ!おすすめランキング

 

ネットスクウェア

 

 

【特徴】

  • 安い:他業者よりも安い
  • デザイン:1000種類以上と豊富
  • 注文方法:PC・スマホ・タブレットOK
  • 送料:無料
  • 出荷:最短で翌営業日〜

 

はがき代:52円

 

早期割り引きあり!

 

 

挨拶状ドットコム

 

 

【特徴】

  • 安い:他業者よりも安い
  • デザイン:800種類以上と豊富
  • 注文方法:PC・スマホ・タブレットOK
  • 送料:無料
  • 出荷:最短で翌営業日〜

 

はがき代:52円

宛名印刷無料

 

 

年賀状のよくあるQ&A

 

赤ちゃん(※子供)の年賀状はいらないと、思われるのはなぜ?

 

赤ちゃんの年賀状がいらないと思われるのはなぜかということですが、
受け取った人によって個別の理由はいろいろあるかもしれませんが結局のところはあなたの赤ちゃんのことなどどうでもよい、興味などないと思われているからこそ、いらないと思われてしまうのでしょう。

 

逆に言うとあなたの赤ちゃんに興味がある、知りたいと思ってくれる人であればいらないと思われることはありません。親戚などの場合にはそれが当てはまることもあるでしょう。

 

また、単にそんな年賀状はいらないと思われるだけならまだ良い方で、今年もよろしくという意味で送る年賀状の意図からすれば、むしろ送らないほうがましになってしまうケースもありますから注意しましょう。

 

赤ちゃんが欲しいと思っているのになかなかできない人とか、不妊治療に苦しんでいる人、悲しいかな流産をしてしまった人などに対してそんな年賀状を送るのは、
勝ち誇った笑みを浮かべつつ不敵な挑戦状を思い切り叩きつけているようなものと解されても仕方がないでしょう。

 

もし自分がそういう立場であって、そういう年賀状を受け取ったときにどう思うかを考えてみればよいのです。

 

相手との関係を考え、独りよがりの基準で自己満足だけの年賀状を作ってしまっていないか、いま一度気を付けたいものです。

 

年賀状の発行枚数や売上が減少?!なぜ?

 

年賀状は年始のご挨拶に親戚や友人、お世話になっている方にハガキで出すものですが、年々発行枚数自体が減少しているのはなぜなのでしょう。

 

年賀状の売上の減少により、年々ロスを減らすためにも発行部数が減少しているのが現状です。

 

では、なぜ売上は減少しているのですか。

 

それは、メールの普及により年賀状よりも手軽にできる、年賀メールを送る方が増加したため。

 

またSNSの普及により、個人に年賀状を送らなくとも、投稿するだけで多くの方に年始の挨拶ができるため、年賀状を送る必要が薄れていることなどが挙げられます。

 

特にSNSの普及は一般の方に限らず、ビジネス利用の企業の方なのも顧客1人1人に年賀状を発送するより、コストがかからず、新年のご挨拶の他に広告も出す事が可能です。

 

また、年賀状を発送する際に必要な住所や氏名などの個人情報についても、SNSを利用することで多くの顧客の住所などの個人情報を得る必要が無いので、個人情報漏えい等の心配をしなくていいという利点があります。

 

同様に、住所や本名がわからくてもSNSを利用することで、新年の挨拶やSNS内のダイレクトメッセージを利用した年賀メールの送信も可能です。

 

このようなことから、売上や発行部数が減少していると考えられ、今後も減少していくのではないかと思われる。